札幌 産科 婦人科 小児科 不妊治療のクリニック「五輪橋マタニティクリニック」

〒005-0039 札幌市南区南39条西11丁目1番30

ありがとうの声

ご予約・お問合せ

011-585-3110

ホームページを見たとお伝えください

初めての方へ

医療法人 礼風会 五輪橋マタニティクリ ニック

〒005-0039
札幌市南区南39条西11丁目1番30

ご予約/お問合せ

011-585-3110

 
9:00

12:00
×
13:00

17:00
×××

※ 日・祝 休診
  木曜・土曜 午後休診

受付時間
月・火・水・金
8:30~11:30/12:30~16:30
木・土 8:30~11:30

当院について

診療案内

産科

婦人科

小児科

産科・婦人科を初めて受診される方へ

「産婦人科を受診するのはなんだか怖い…。」 そう思っていらっしゃいませんか?

「診察とはいえ、いつもは人には見せないところを見られるのは恥ずかしい」「どんな診察や治療をされるのかな」「痛い検査があったらどうしよう…」「プライベートな事まで聞かれたくないな…」など、産婦人科の受診に不安や抵抗のある方は多いのではないでしょうか。初めて産婦人科を受診しようとすると、不安が沢山でてきて、とまどってしまいますよね。

そんな「初めて産婦人科を受診される皆さん」に少しでも「産婦人科ってどんなところ?」というイメージを掴んでいただいて、不安や憂鬱を払拭していただけるように、基本的な受診の流れや注意すべきポイントをまとめてみました。

女性の一生で起こりうる体と心の変化としっかりと向き合って、問題解決のお手伝いをすることこそ産婦人科の本分であると考えております。産婦人科に掛かりたいけど迷っている…という方は、どうぞあまり身構えずに、お気軽におこしください。

産婦人科を受診する前に… 産婦人科豆知識(より正確な診断のためのご提案)

産婦人科を受診してみようかな?という皆さんのために、産婦人科受診前にしていただくとなお良い準備や、ちょっとした注意点などを挙げてみます。体調が急変された場合など、来院のケースやタイミングは様々かと思いますので、これから挙げることは絶対ではなく、あくまで豆知識としてご覧くださいね。

当日の服装はどうすればいい?

内診(※ 外陰部・膣・子宮や卵巣の状態を、見たり触って調べる検査)が必要な場合、下着を脱いだ状態で診察します。脱ぎ着しやすい服装だとスムーズです(※ 補正下着や和服などは脱ぎ着しにくいため避けるのが無難です)。また、妊婦健診を受けられる方や貧血が疑われる方の場合は、顔色や唇の色も診断材料となりますので、控えめのメイクを心がけましょう。

受診時に持っていく物はある?

基礎体温をつけている方は基礎体温表をご持参ください。基礎体温表からは、排卵がきちんと起きているかどうか、生理周期やホルモン分泌の変化など、より早く正確な診察に必要なヒントを得ることができます。また、他院で診察を受けたことのある方は、検査結果やお薬手帳などもお持ちでしたらご持参ください。症状の原因の特定や、新しいお薬を処方する際の副作用の予防に役立ちます。

診察前にお風呂やシャワーは 入ってもいいですか?

もちろん普段どおり入浴していただいてかまいません。しかし診察前だからといって、膣の中まで必要以上に洗うことは避けましょう。おりもの等の検査、感染している菌の検査など行う際に、正しい結果が出ない場合がありますので、外陰部をきれいにしておく程度に留めてください。またデリケートゾーンンのお手入れも、カミソリ負けの恐れがあるためお控えください。受診前日のセックスも避けた方が無難です。

産婦人科 受診の流れ

産婦人科の受診の流れは、基本的に普通の病院と代わりません。

受付

初めてご来院された方には、まず診察カードをお作りいたします。ご住所・連絡先をご記入いただき、保険証のご確認をさせていただいております。他院からの紹介状などお持ちの方は一緒にお出しください。カードを制作している間に、受診の目的や相談したい内容、月経歴や妊娠歴など、問診票のご記入をお願いいたします。答えにくい質問もあるかと思いますが、できるだけ正確に、具体的にご記入いただくことが問題解決への近道です。秘密は絶対に守られますのでご安心ください。問診表のご記入後はしばらく待合室にてお待ちいただきます。お待たせしない診療を心掛けておりますが、ご気分の悪い方や長時間お待ちの方などは遠慮なくお申し出ください。

問診

カウンセリングルームへお越しいただき、看護師より当日の診察の流れをご説明等いたします。ご記入いただいた問診票をもとにいくつか質問もさせていただきます。不安に思っていること、気になることなど、遠慮なく、お気軽にご相談ください。問診の後は、必要に応じて、身長・体重や血圧の測定、採血や注射も行われます。

診察

いよいよ医師による診察です。問診票や看護師からの説明に加え、患者さまとの一対一の対話で、検査や治療の方針を一緒に決定していきます。産婦人科は女性の体と心の強い味方です。一方的に治療を進める事は決してせず、いつも患者さまに寄り添って、患者様の生活やご意思など考慮の上、総合的に判断して、最適な医療の提供に最善を尽くします。

診察台について

診察に使用される内診台。これが皆様が産婦人科に苦手意識を持つ一番の原因なのではないでしょうか?見た目は歯医者の診察台や美容院のシャンプー台とほとんど変わらず、機能も、椅子の上下、回転、リクライニング等似たようなものです。他にはない、いちばんの違いは、「足を置く場所が両側に開き、大きく開脚する機能がある」ということです。この内診台は産婦人科の主要な診察方法である内診をスムーズに行うためだけでなく、受診者のプライバシーや妊娠中の体形の変化にもきちんと配慮がなされている設計になっています。内診は産婦人科の検査時に、必ず行われるというわけではありません。しかし妊婦健診や子宮癌検診など、避けられない場面も多くあります。勇気を出してチャレンジしてみると、意外とあっけなく終わる検査です。一度体験してみて、内診への苦手意識を克服してしまいましょう。

医療法人 礼風会 五輪橋マタニティクリ ニック

再診予約

〒005-0039 札幌市南区南39条西11丁目1番30
 日・祝
9:0012:00×
13:0017:00×××

受付時間
月・火・水・金
8:30~11:30/12:30~16:30
木・土 8:30~11:30

※ 日・祝 休診 木曜・土曜 午後休診

ご予約・お問合せ

011-585-3110

Copyright (C) GORINBASHI MATERNITY CLINIC. All Rights Reserved.